妊娠初期の葉酸サプリのオススメ!

妊娠初期の葉酸はサプリで摂る?食事で摂る?@ サプリでの摂取のメリット・デメリット

妊娠期に必要な葉酸は1日400マイクログラム
ホウレン草だと2束分食べる計算になります。
これだけの量を摂るにはサプリの方が便利だという人もいれば、
やはり食事から摂ったほうがいいという人がいます。
それぞれのメリット、デメリットをみて行きましょう。

 

サプリで摂取のメリットは?

 

 サプリで摂る場合、なんといっても手軽に1日分が摂れるのが利点です。
 ただでさえ妊娠初期はつわりで体調のすぐれない時期
 食欲がなかったり、料理をする気にもなれない時が多いもの。
 そんな時こそ、サッと飲むだけで必要量が摂取できるサプリは
 強い味方です。

 

 葉酸の有効利用率を見てみると、食品中の葉酸は50%なのに対し、
 サプリ中の葉酸では85%と大きな違いがあります。

 

 葉酸はもともと体外に排出されやすく蓄積できない栄養素
 そのため毎日毎日摂取しなければなりません。
 しかも水に溶けやすく熱に弱い性質があるため
 洗ったり加熱したりすることで50%が溶けてしまうんです。
毎日せっせと葉酸メニューを作っても、 
その半分をムダにしてることになるんです

 

 その点サプリは吸収されやすく体外に排出されにくいので、
 85%も有効活用できます。
 ムダ無く使えて簡便
 だからこそサプリは人気があるのでしょう。

 

サプリで摂取のデメリットは?

 

 葉酸の過剰摂取になりやすいことです。

 

 食品で葉酸をたくさん摂っても
 体外に排出されるのでなんら問題はありません。
 が、サプリの場合は吸収率が高く、体内の残りやすいため
 過剰摂取につながりがちなのです。

 

 過剰摂取すると、倦怠感、頭痛、下痢、吐き気、発熱などといった
 健康障害が現れると言われています。

 

 また、生まれてくる赤ちゃんに喘息が現れる率が24%アップするという
 データもあります。

 

 いずれもまだ研究途上の報告ですが、念のため厚労省では、
 1日に摂取する上限を1000マイクログラムと定めています。
 私たちは最低限これを越えないよう心掛けたいもの

 

 ところがサプリですと、
 「先週飲み忘れた分、まとめて今日飲んでしまおう」
 などとやりがち。これだと軽く上限量を越えてしまいますよね。
 決められた用法・用量は必ず守るようにしてください

 

 しかし、決められた用法・用量を守っていても、
 上限を超えてしまう場合があります。
 葉酸サプリを飲んで、なおかつ食事からも葉酸を摂取する時です。

 

 問題はレバー。100gですでに1000マイクログラムの葉酸が含まれて
 います。
 したがってレバーを食べる日はサプリを摂らないようにするか
 サプリを飲んでいる人はレバーをあまり食べないようにするか
 してください。

 

 レバー以外なら大丈夫。
 レバーほど多く葉酸が含まれてませんし、ほとんど体外に排出されますので。

 

 下記厳選サプリ3品なら葉酸は400マイクログラム、カルシウムや鉄分も
 入っていておススメです。

 

 ベルタ葉酸サプリ〜つわりでも飲みやすい小粒の実力派

 

 

 美的ヌーボ〜妊活中の方におすすめの本格派

 

 

 

 AFC葉酸サプリ〜リーズナブルだから続けられるサプリ

 

 

 なお、葉酸を食事で摂る場合のメリットとデメリットについては、
<妊娠初期の葉酸はサプリで摂る?食事で摂る?A>をご参照ください。