妊娠初期の葉酸サプリのオススメ!

葉酸をしっかり摂るには○○を食べるといい!

妊娠初期は葉酸をしっかり摂りましょう!っていうけど、
何を食べたらきちんと摂取できるのでしょうか。

 

 

これが葉酸を多く含んでいる食品だ!

 

 葉酸を多く含んでいる食品のベスト3は
 @レバー、Aうなぎ、B緑黄色野菜、です。

 

 以下に100グラム中の葉酸含有量が多いものから順に
 20食材記しました。
 葉酸量の単位は、マイクログラム(注)です。

 

   (注)マイクログラムとは?
      1グラム(g)の1000分の1が1ミリグラム     
      1ミリグラムの1000分の1が1マイクログラム
      つまり1グラムの10万分の1が1マイクログラムになります。
      マイクログラムは非常に少ない量といえます。

 

【葉酸含有量ベスト20食材】
    ・鶏レバー      1300     ・アスパラ    180
    ・牛レバー     1000    ・すじこ      160
    ・豚レバー     810    ・日本茶     150 
    ・うなぎ(きも)    380    ・クレソン     150
    ・うに          360    ・卵黄       140 
    ・枝豆         260    ・納豆       120
    ・モロヘイヤ    250     ・ブロッコリー  120
    ・パセリ        220    ・こねぎ      120
    ・ホウレン草(生) 210     ・サニーレタス  120
    ・春菊         190    ・そら豆      120

 

 ご覧のとおり、レバーが圧倒的です。
 しかし、葉酸摂取量は1日1000マイクログラムが上限
 薬ではないので明らかな副作用があるわけではないのですが、
 過剰摂取による頭痛、嘔吐などの声が寄せられています。
 また、生まれてくる赤ちゃんに喘息発症の確率が高まるとも。
 ですからどんなに多く摂っても、1000マイクログラム(=1ミリグラム)は
 超えないようにしたいです。

 

 特に葉酸サプリを飲んでいるかたはご注意ください
 食品だと過剰分は尿となって排出されるのですが、
 サプリの場合は吸収率が高く、体外に排出されにくくなっています

 

 例えばレバーですと牛レバーは100グラムですでに上限量ですし、
 鶏レバーは上限量を越えています。
 豚レバーも油断すればすぐに上限量を越えるでしょう。
 このうち体内に吸収されるのは約50%。
 いずれのレバーもそれだけで妊婦さんの摂取推奨量である
 400マイクログラムは越えています。
  ですからレバーを食べたら葉酸サプリを飲む必要ありません
 それどころか飲まないでいただきたいのです。

 

動物性食品のビタミンAに気をつけて!

 

 だったらうなぎはどうかというと、
 うなぎもレバーも葉酸の他にビタミンAをたっぷり含んでいます
 それならなおのこと体に良さそうだし、たくさん食べたいと思いますよね?
 ところが動物性食品に含まれているビタミンAは「レチノール」といって
 過剰に摂取すると脱毛や発疹、肝障害を引き起こすと言われているのです。
 かといって摂らな過ぎても夜盲症(鳥目)を誘発したり、
 肌がカサカサになったりします。なかなか塩梅が難しいですね。
 過剰摂取を気にせず、もっと気軽に食べられる物はないのでしょうか。

 

 

過剰摂取しても問題ないのはコレ!

 

 たくさん食べても全然問題ないのが緑黄色野菜
 たしかにレバーやうなぎに比べたら葉酸含有量は少ないです。
 が、他の食品に比べたら葉酸はたっぷり入っていますし、
 ビタミンAも豊富。
 このビタミンAはレチノールと違い、過剰摂取しても安心なβカロチン
 というもの。βカロチンは目や皮膚を正常に保つ他にも、活性酸素を
  撃退し新陳代謝を高め老化を防ぐ働きがあります
 妊娠・妊活中はもちろん、 老若男女を問わず摂取したい成分です。
葉酸をたっぷり摂りたかったら、
副作用の気兼ねなくたくさん食べられれる 
緑黄色野菜がいちばんでしょう。

 

 さらに、妊娠前からキチンと葉酸を摂りつづけていたかったら
 ベルタ葉酸サプリを飲むことをおススメします。
 ベルタ葉酸サプリは、ビタミンAの過剰摂取にならないよう
 きちんと配合量に気を配っています。ビタミンやミネラルを豊富に摂りいれ
 さえすればいいとばかり、やたらと詰め込んでいるサプリが多い中、
 後々のことまで考えて作られているサプリ。これなら安心できますよね。

 

 

葉酸をしっかり摂るには○○を食べるといい!記事一覧

葉酸を効率良く摂るにはこの食品をこうやって食べよう!

たくさん食べすぎても問題なく、安全で気軽な葉酸食品の王様は緑黄色野菜。特に、枝豆、モロヘイヤ、パセリ、ホウレン草、菜の花、春菊、芽キャベツ、アスパラ、クレソン、ブロッコリーといった緑の濃い野菜にたくさん含まれています。これらは葉酸の他にもβカロチンやビタミンCといったカラダに良い成分をたっぷり含んで...

≫続きを読む

手軽で効率よく葉酸が摂れる意外な食材とは?

葉酸がたっぷり含まれていながら過剰摂取の副作用の心配がない食品は、ホウレン草、春菊、枝豆、菜の花、パセリ、ブロッコリーといった緑の濃い野菜です。しかし、調理が面倒! 葉酸が多く摂れる生食に適してない!青臭くてイヤ! などと言う声も多く、なかなかたっぷりとは食べられないもの。もっと食べやすくておいしい...

≫続きを読む

妊娠初期でも効率良く葉酸が摂れるカンタンレシピ@汁物編

「葉酸をしっかり摂るにはどんな料理を作ればいいの?」「葉酸の入った料理って作るのメンドクサクナイ?」葉酸という名前が独り歩きしてるせいか、なにか大変そうに感じてるかたが多いです。でも、大丈夫!色の濃い野菜をたくさん食べるだけでバッチリ葉酸が摂れちゃうんです!葉酸はビタミンBの一つ。ホウレン草や菜の花...

≫続きを読む

妊娠初期でも効率良く葉酸が摂れるカンタンレシピA生・加熱控えめ編

葉酸は熱に弱い性質があるため、生で食べるか、熱を加えすぎないようにすると効率よく摂取できます。ここではそんなレシピを集めてみました。生か加熱控えめで葉酸を効率よく摂取するメニュー春菊とミニトマトのサラダ(葉酸122マイクログラム)<材料>春菊             1/2束ミニトマト       ...

≫続きを読む

食事で葉酸、摂れてる? セルフチェックで確かめて

妊婦さんの葉酸摂取が叫ばれ出したのは欧米から。肉食主体の食生活なので、食事から葉酸を多く摂ることが難しいからです。対して日本では、普段の食事に葉酸を多く含む食品がとりいれられることが多く、妊娠したからといって意識して摂る必要がありませんでした。ところが近年日本でも食生活が欧風化し、葉酸摂取量が低下。...

≫続きを読む